Directing


BEAT ON BEATはベストなセッション素材をお渡しします。


いかに録音や音楽制作の技術が変わろうと、生のミュージシャンとのレコーディングを成功させる為には必要不可欠な要素があります。キャスティング、スケジューリング、準備、現場の実行と指揮、予算管理という5つです。セッションを仕切るレコーディングディレクターがこれら5つの能力を持っているかどうかでそのレコーディングの成否は大きく変わってきます。

以下の様なプロジェクトをお考えでしたらお話をお聞かせください。
 
音楽 CD/DVD 制作の為、
コンピューターゲームの音楽制作の為、
映画音楽制作の為、
舞台用音楽制作の為に、

アメリカ、ヨーロッパ、南米に於いて;
 
バンドを編成し録音がしたい。
オーケストラの録音がしたい。
現在ある曲のシンセのリズムを生のリズムに差し換えたい。
現在あるトラックに生のストリングセクションを乗せたい。
サックスソロ、ブラスセクション等、管楽器の録音がしたい。
海外の歌手でテーマ曲のボーカル録音がしたい。
海外のエンジニアでMIXとマスタリングをしたい。

この様なニーズにBEAT ON BEATはベストな形でお答えすることをお約束します。

[ディレクション作品の参考ページはこちら]

BEAT ON BEATは大容量PRO TOOLSデータの高速転送によるリモートレコーディングサービスを行っています。我々はクライアントがその録音現場にいて頂くのが最良と考えますが、我々で録音を完了させ、そのデータをサーバー経由でお送りする事も可能です。2004年よりスタートさせたこのサービスで、すでに多くのレコーディングプロジェクトを成功させています。

Atsushi SUSHI Kosugi
Record Producer / Recording Director

 















Copyright 2013 - Beat On Beat, Inc. Site map